「西太平洋の覇権」狙い中国が海保翻弄

今夏、日本の領海に5800トン級の中国公船が侵入。北の緊張は中国にはチャンス。もはや矛先は東シナ海ではない。

2017年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮のミサイル発射、核実験で緊張が高まる東アジア。その動向が注視される間にも、中国は西太平洋の覇権に向け着々と布石を打ちつつある。日中の「海」をめぐる闘いは、第2段階に突入している。7月15日午前11時50分ごろ、長崎県対馬下島周辺の領海内に、中国海警局の船1隻が一時侵入した。さらに午後3時ごろには公船2隻が、福岡県の沖ノ島北側の領海に入った。九州北部の領海で、中国公船の侵入が確認されたのは初めてだ。この2隻は、17日に再び津軽海峡の青森県埼(さき)沖で領海内を悠然と航行。津軽海峡でも約3時間半にわたり領海内に入った。確認された公船は、船体番号「海警1304」と「海警2506」の2隻だ。海上保安庁の警告にもかかわらず中国公船が航行したのは、国連海洋法条約を盾にとっているからだ。同条約には、全ての船舶は沿岸国の安全などを害しない限り領海を通過する「無害通航権」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。