「フィンテック」の旗手「マネーフォワード」が上場

創業からわずか5年。ライバルfreeeとの法廷対決に完勝し、晴れて上場一番乗り。

2017年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

金融(ファイナンス)とIT技術(テクノロジー)をかけあわせた造語「フィンテック」が盛り上がりを見せて久しい。フィンテックは、スマートフォンやビッグデータ、AI(人工知能)などの技術を活用して新しい金融サービスを生み出す世界的な流れだ。国内でもITに強みを持つベンチャーがブームを先導する。そのフィンテックベンチャーの大本命ともいえるマネーフォワード(港区芝)が9月29日、東京証券取引所マザーズ市場に上場する。創業は2012年5月で、上場までに要した時間はわずか5年ほど。近年耳目を集めるフィンテックベンチャーのなかで上場は一番乗りといえる。個人と法人向けの2つの事業を手掛ける。一つが、家計簿アプリ「マネーフォワード」。ユーザーは複数の金融機関の口座を一括管理できる。例えば、銀行口座への給料の振り込みや公共料金の引き落としのほか、クレジットカードの買い物履歴 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。