業務ソフト大手「ワークスアプリ」が視界不良

2017年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

統合業務ソフト大手のワークスアプリケーションズといえばGreat Place to Work Institute Japanが実施する「働きがいのある会社ランキング」(従業員1千人以上の部)において今年2月にも1位を獲得。2011年にMBOで上場廃止を決断したものの、「新入社員でも年収800万円はいく」(業界関係者)と人材確保に惜しみなくカネをつぎ込む気前の良さ。当然ながら業績も好調と思いきや、「実は借入金が膨らみ、資金繰りが胸突き八丁の局面を迎えている」(取引行関係者)。6月末より借入金の返済をストップし、大手法律事務所を代理人として全銀行にリスケジュールへの同意を要請しているのだ。予兆はあった。兼松エレクトロニクスは基幹システムの全面刷新を発注したワークスとの契約を解除し、6月に14億円の損害賠償請求訴訟を起こしている。兼松エレの発表文を要約すると、①ワークスから当初提案された内容は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。