中国政商が「邦銀買収」謀略

「王岐山スキャンダル」を暴露した郭文貴が、1年前に東京でご乱行の映像。SBI常務らと何を密談したのか。

2017年10月号 BUSINESS [腐敗大陸から来たスパイ]

  • はてなブックマークに追加

情けない。日本のインテリジェンス当局は、まったくノーマークだった。「習近平の懐刀」として次々に政敵を失脚させてきた王岐山(共産党中央紀律検査委員会書記)一族の腐敗をニューヨークで告発、世界を震撼させた中国の政商兼スパイ、郭文貴が1年前の16年8月31日に東京に現れ、日本の証券会社幹部と密談した。その映像が突然、ユーチューブ(※)に流れたのだ。ご丁寧にもツイッターでは、その日の郭一行のご乱行の果てに起きた東京地裁平成29年(ワ)19026号の訴状のコピーと、その中国語訳まで無修正で載っている。原告はハイヤー会社と運転手。被告は日本のキャピタル・パートナーズ(CP)証券社長の筒井豊春と社員の崔建雄、SBIリクイディティ・マーケット社長の重光達雄と取締役事業本部長の熊龍豹の4人(原告側弁護士は郭も追加する方針)である。訴状と映像をみれば、同日午後1時から東銀座の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。