「ゴルフが決め手」茂木経済再生相

「パワハラ番長」と揶揄される大臣は官僚機構を味方にできるか。器の大きさが問われる。

2017年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

猛暑のティーグラウンド。芝生の照り返しがゴルフウェアを汗染みの斑点模様に染める。誰もがこの日のラウンドは遊興で、気分よく回りたいと考えている中、「彼」だけは違った。「遊びじゃありません!」妥協を許さぬ口吻にたじろぎながらも、安倍晋三(62)は「この男は使える」との思いを強くした。改造人事は人知れずゴルフ場で練られていた――。内閣支持率の下落に歯止めがかからない安倍は、藁にもすがる思いで8月3日の内閣改造に臨んでいた。その前日、NHKは次々に新しい党役員・閣僚名をテロップで流していた。河野太郎外相、野田聖子総務相、林芳正文部科学相……。一昨年の総裁選で出馬を試みた野田や、下関市長選挙で熾烈な戦いを繰り広げた林など、安倍と距離を置く顔ぶれが起用され、報道合戦になった。しかし、「仕事人内閣」と銘打つ改造内閣の目玉は別にあった。経済再生担当相を拝命した茂 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。