FIFA激震「ガルシア報告全文」

ドイツ紙がすっぱ抜いたレポートには国際サッカー連盟の腐敗ぶりが詳細に綴られていた。

2017年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

2018年のロシア、22年のカタールのサッカー・ワールドカップ(W杯)の開催地決定を巡る、巨額の賄賂が動いたとの疑惑報道は噴出しただけで終わった。それでも、国際サッカー連盟(FIFA)が6月末に全文を公表した、招致決定プロセスを調査した報告書『ガルシア・レポート』は、開催地決定の経緯がいかに腐敗に満ち、欠陥だらけで、支離滅裂だったかを暴露しており、読み応えがある。ドイツ紙『ビルト』がすっぱ抜くと、3年近く全文公開を拒んできたFIFAが慌ててその日のうちに公表に踏み切った代物である。359ページの報告書は、W杯がカネで買われたという決定的証拠を摑むことはできなかった。しかし、マイケル・ガルシア弁護士によるこの報告書は、FIFA幹部の「たかりの文化と権利意識」を浮き彫りにし、気がめいるほどの詳細な記述で埋まっている。

ロシアの言い逃れ方法判明

開催場所を決める投票権を持つFIFA理事24人のうち ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。