三洋電機「御曹司」哀れな末路

祖父が築いたサンヨー、拾ってくれたリクシルを危機に追い込んだボンの行き先は……。

2017年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

周囲に「しばらく充電するわ」と言って、井植敏雅はLIXIL(リクシル)グループを去った。2005年、祖父の歳男が築き上げた三洋電機の8代目社長に就いたものの、同社を崖っぷちに追い込んだ男だ。敏雅は三洋の大株主であったゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社に追われる形で07年に社長を退任。金融3社は09年、三洋株をパナソニックに売却し、三洋は事実上消滅した。ピークで10万人に上った社員は散り散りとなった。それにもかかわらず、しくじり経営者の敏雅はどういうわけか09年に住生活グループ(現リクシル)の実質的なオーナー潮田洋一郎に拾われ、副社長に就任した。当時、取り巻きだった雑誌記者に記事を書かせ、「何よりポテンシャルに夢を感じたから、この会社に来た。それを一つずつ絵にして見せていくのが僕の役目」とプロ経営者を気取ったが、何の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。