磯崎キリンが「飯のタネ」探し

勝負所はベトナム最大手の買収。サントリーかサッポロを手に入れ、返り咲く野望も。

2017年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ビール業界はかつてキリンホールディングスを中心に回っていた。長らくシェアトップの座に君臨し、いち早く海外に積極進出した。2010年、サントリーホールディングスとの経営統合交渉は破談したが、実現していれば歴史に残る再編劇となったことは間違いない。だが、今やその盟主の面影はない。海外投資の失敗に加え、本業のビールも苦境が続く、まさに「ジリ貧」なのだ。キリンが3日に発表した17年1~6月期の連結営業利益は、前年同期比35%増の797億円で過去最高を更新した。一見すると、好決算のようだが、手放しで喜べる内容とは言い難い。利益を押し上げたのは「損切り」による。赤字を垂れ流し、長く経営の足を引っ張ってきたブラジル事業の売却のことだ。そもそもキリンがブラジル事業に足を突っ込んだのは11年の夏に遡る。3千億円もの巨費を投じ、ブラジルでシェア2位を誇るスキンカリオール(当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。