トランプ政権「債務上限」崖っぷち

行政管理予算局長をクビにするか、自身の会社が4回使った破産法で削減するか。

2017年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ロシア・ゲート事件や相次ぐ政府高官の解任にばかり注目が集まるが、ドナルド・トランプ米大統領がXデーに向かって歩を進めている。連邦債務上限の引き上げ問題がそれで、9月末までに米議会が動かなければ、米政府は立ち往生する。よもや資金の工面が出来ぬことによるデフォルト(債務不履行)は起こすまいが。いや、その「よもや」が心配なのだ。債券市場は正直だ。3カ月物の米財務省証券(Tビル)の利回りが、7月25日には1.16%まで跳ね上がり、2008年10月以来の高水準に。1週間前に比べて0.11%もの上昇は、債務上限問題が引き金になったデフォルトへの懸念が、市場参加者の間を駆け抜けたからである。Tビルの利回りは8月に入って1.06%と元の水準に戻ったとはいえ、「債務上限の危機は本物だ」(ニューヨーク・タイムズ8月7日電子版)といった記事が連日のように登場する。

順次引き上げ「20兆ドル」に

こうした事態を誰より ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。