森長官の先兵「札付き銀行2課長」

抱腹絶倒の内部告発。ボロクソに叩かれたキャリアが、長官への出世街道を突き進む不思議。

2017年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

7月に金融庁の幹部人事が発表された時、庁内に驚きの声が上がった。森信親長官の続投や全局長留任にではない。地銀のモニタリングを担当する重要ポスト、監督局銀行2課長に平成7年財務省入省の島崎征夫氏(46)が抜擢されたからだ。熊本県企画振興部長を3年間務めた後の本庁復帰であり、将来の長官の座を射程に入れた花形課長への栄進である。が、この抜擢人事は、多くのノンキャリア(課長補佐、係長)の総スカンを食っている。「森長官は、これをご存じないようです」と、義憤にかられたOBが差し出したのが、A4ペーパー22枚の「お父さんといっしょ」と題する匿名の内部告発である。〈この物語は、財務省キャリアに迷惑をかけられ続けた金融庁職員の記録であり、彼(島崎氏)の発言、行動に関する記述はすべて事実に基づいている〉とし、〈若手キャリアは、彼を反面教師として、ヒラメ、チキンにならな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。