気がつけば「一本の矢」政権

2017年9月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

影を畏(おそ)れ迹(あと)を悪(にく)む。『荘子』雑篇にそんな故事があった。自分の影に怯え、逃れようと走り出したが、走れば走るほど影が離れず、ついに力尽きて死んでしまう(疾走不休、絶力而死)。支持率底入れを狙う内閣改造、10年前のトラウマが「影」を落とす。二度と惨めな大腸炎退陣を繰り返すまいと、「反安倍」の芽を摘み、包囲と遮断を最優先した結果、政権の支柱である麻生太郎と二階俊博に煮え湯を飲ませた。麻生は歯軋りしたという。露骨な岸田派優遇は「大宏池会」分断策だし、一本釣りされた河野太郎の外相抜擢にも不快を隠さない。甘利明を党役員で復権させる進言は袖にされ、義弟ながら靡(なび)かない一徹者、鈴木俊一の五輪担当も、菅義偉官房長官の入れ知恵と察している。二階も大臣待機組を多数抱えながら、江崎鉄磨一人。早々と安倍三選を支持した見返りがなく、都議選敗 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。