安倍「年内退陣」叫ぶ自民党リベラル

村上誠一郎の「アンチ安倍」勉強会に60人もの自民党議員。「歴代で最も劣化した内閣だ!」

2017年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「孤高のリベラリスト」を自任する元行政改革担当相の村上誠一郎(65)の周りに有力な議員が集まり始めた。呼び掛けた「財政・金融・社会保障制度に関する勉強会」には、これまで2回の会合で議員60人、代理20人が参加した。東京都議選の歴史的な惨敗で、首相の安倍晋三の「選挙の顔」としての神話が崩壊。新たな顔を求める蠢きを追い風にする。安倍内閣の看板政策「アベノミクス」を検証するのが、勉強会の趣旨だ。元幹事長の石破茂、元総務会長の野田聖子、前党税制調査会長の野田毅らが集まったことで注目されたが、舞台回しは村上。党内のすべての国会議員に案内状を出し、講師の人選や会場の確保にあたった。「昨年や一昨年だったら、声を掛けても誰も来なかっただろうなあ」と、感慨深げだ。

総務会で「加計問題」追及

首相を安倍に任せていて大丈夫か――。こうした懸念が党内に充満してきた証しだ。森友学園や加計学園をめ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。