体調が心配「シャープの救世主」

株主がもてはやす戴社長の信賞必罰経営だが、芝居の張りぼてのように中身は乏しい。

2017年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「戴正呉社長(65)はまるで日産を再生させたカルロス・ゴーンのようだ」「シャープが再び世界を舞台に活躍できるようになり嬉しい」6月20日、堺市にあるシャープの本社で開かれた株主総会。株主からは戴社長をもてはやす声が相次ぎ、会場は幾度も称賛の意がこもった温かい拍手に包まれた。一方、肝心の戴社長本人はいつもと様子が違う。冒頭で「風邪で喉の調子がおかしい。申し訳ございません」と日本語で話すと、議事進行を役員に任せ、口をつぐむ。左目には大きなコブのようなモノモライができ、東証2部から1部復帰に向けた早期申請に言及する一幕はあったものの、株主総会は1時間7分で終了し、持ち前の苛烈さは影をひそめた。昨年8月に就任して以来、好決算や景気のよい発言でメディアをコントロールし、今年4月には就任前に100円を割っていた株価が一時500円を超えるなど、1年弱に渡って株高を演出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。