「早老アップル」スマホ手詰まり

iPhone発売10年で今や後追いばかり。政治にすり寄り既得権を守る「凋落の始まり」。

2017年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月5日、毎年恒例のアップル開発者会議「WWDC2017」が、アップルの新社屋(カリフォルニア州サンタクララ)近くのマッケナリー・コンベンションセンターで開かれた。現CEO(最高経営責任者)、ティム・クックや担当幹部が新製品や新技術を次々と発表するプレゼンの詳細を、世界のIT系メディアがリアルタイムでツイートする様は初夏の風物詩だが、今年はアップル信者たちの熱狂をよそに、他社の後追いや技術に終始する発表内容に手詰まり感を見て取った関係者も多かった。iPhone登場から10年、一部ではiPhone10周年記念モデル発表の予測もあったが、秋の新製品発表までお預けらしい。その代わり新ジャンル製品として「HomePod」と呼ばれるスマートスピーカーの発売が予告された。iPhoneにも搭載されている音声認識技術「Siri」 が搭載され、「ヘイ、シリ!」と話しかけると、音楽再生だけでなく、ニュー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。