矢崎総業「秘書部長失踪」の闇

怒鳴り散らす創業家社長に意見する者なし。相次ぐ違反の課徴金払いで3年連続赤字。

2017年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

世界45カ国の487拠点で約29万人が働く巨大部品メーカー、矢崎総業。連結従業員数ではトヨタ自動車(約35万人)にも匹敵するほどだ。自動車の部品と部品を繋ぐ「ハーネス」と呼ぶ電線やメーターなどを主力製品としており、2016年6月期の連結売上高は1兆7404億円。非上場ゆえに詳細な決算情報を開示していないが、株式市場からは上場を期待して「サントリーと並ぶ最後の大物」とまで言われる。同社が産業界で有名なのは、「家族経営」を徹底していることだ。開発部門や工場がある企業城下町の静岡県裾野市では「Y-CITY」と呼ばれる、職場、食堂、社宅、保育園、プール、ショッピングセンターが一体運営されている地区がある。国内の全社員を対象に、小学5・6年生の子弟を会社の費用で招待してキャンプを開催する。中学2年生では海外拠点がある国でキャンプを行う。海外工場でも、「社員は家族」との考えを ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。