東芝弄んだ「経産の大ワル」

菅官房長官の「お気に入り」安藤久佳前商情局長が東芝メモリ売却に過剰介入。稚拙な「パンゲア計画」の悪事がバレた。

2017年8月号 BUSINESS [ターゲティング派の黄昏]

  • はてなブックマークに追加

東芝再建の「一丁目一番地」とされる東芝メモリの売却が「経産省の強力な指導」によって頓挫しそうだ。指導力を発揮したのは7月5日付で中小企業庁長官に就任した前商務情報政策局長の安藤久佳(57)。菅義偉官房長官の「お気に入り」で経産省ターゲティング派の重鎮である。東芝再建が失敗に終われば、個別企業の経営に介入するターゲティング派もまた命脈を絶たれることになる。「我々の事業目的は大企業の救済ではない」――。東芝とは距離を置く構えを見せていた産業革新機構会長、志賀俊之を突然、心変わりさせたのは安藤だった。物語は今春、一人の財界人が官邸に駆け込んだところから始まる。官邸に菅を訪ねたのは三菱ケミカルホールディングス会長で、東芝の社外取締役にも名を連ねる経済同友会代表幹事の小林喜光(70)である。関係者によると小林は「東芝の半導体技術はデータセンターのセキュリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。