第二の「鉄の女」メイ首相の勝算なき続投

2017年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

戦闘色の「赤」から和平色の「青」へ――6月9日、EUとの離脱交渉を控えた英国総選挙で、過半数割れの318議席と賭けに敗れたテリーザ・メイ首相は、真っ赤な“勝負服”から青いスーツに着替えた。首相官邸前で「続投」を表明したが、居直った時の女は始末が悪い。第一党は維持したが、EU穏健離脱派である北アイルランドの民主統一党(DUP)の10議席を加えてもやっと「過半数+2」という薄氷の政権だ。昨年の国民投票で離脱派封じの狙いが外れ退陣したデヴィッド・キャメロン前首相に続く保守党政権二度目の大失態である。敵のコービン労働党がゴリゴリの左翼のため「人気薄」と見くびったのが祟った。政権公約(マニフェスト)で高齢者の介護費用の自己負担額引き上げを盛り込んだが、これが「ディメンティア(認知症)税」と呼ばれてえらく不評で、ブレグジットを支持した高齢層の離反を招き、自ら地盤を崩 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。