日米経済対話「キーマン」のジャスター失脚

2017年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米トランプ政権の発足以来、ホワイトハウスで経済政策を一手に担ってきた「キーマン」のケネス・ジャスター大統領次席補佐官(62)が権力闘争に巻き込まれ、失脚した。ジャスターは4月にスタートした日米経済対話でも米側の交渉窓口だっただけに、今後の日米関係に及ぼす影響は計り知れない。ジャスターは米商務次官や投資会社ウォーバーグ・ピンカスの経営幹部などを歴任。経済政策全般に精通し、国際経験も豊富な穏健派で、トランプ政権ではG7、G20などのサミットにおける大統領のシェルパ(個人代表)を務めていた。さらに、国家経済会議(NEC)や国家安全保障会議(NSC)の高官も兼務。約4千人の政治任用の高官人事が停滞する中、米国の経済政策の実務を文字通り一人で仕切っていた。しかし、シェルパにもかかわらず、5月26、27両日にイタリア・タオルミーナで開かれたG7サミットに姿はなかった。直 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。