「身代金ウエア」最大被害国は中国

海賊版ソフト7割の弱点を突かれた。個人信用度を点数化する「1984」的な新制度。

2017年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

ランサム(身代金)要求型ウイルスの「WannaCry(ワナクライ)」が5月半ば世界で猛威をふるったが、世界最大規模の被害を被ったのが違法ソフトの使用率が7割を占めるという中国だった。政府機関や事業組織の3万~4万カ所が痛手を負ったとみられる。例えば中国石油天然気集団(CNPC)は、自社の2万店のガソリンスタンドとのリンクが断たれ、アリペイ(支付宝)などの電子決済やオンライン決済も使えなくなった。ガソリンの支払いに現金を必要とした消費者は、しかし国中の中国銀行ATM(現金自動預払機)が作動しない事態に遭遇した。ワナクライの影響を特に大きく受けたのは教育機関で、インターネットセキュリティ会社「奇虎(Oihoo) 360」の調査によると、その数は4300施設に及んだ。大学が海賊版のソフトを使用していたせいで、中国学術研究ネットワーク、サーネット(CERNET)がウイルスの発信源と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。