原子力日本 「2006年の敗北」

東芝のWH買収が原子力立国計画に弾みをつけ、経産省のお墨付きを得た東電が老朽原発の維持に舵を切り、あの大事故を起こした。

2017年7月号 BUSINESS [墓穴を掘った経産官僚]

  • はてなブックマークに追加

振り返ってみると、2006年は日本のエネルギー政策の失敗の年と記憶されよう。誇り高き経済産業省・資源エネルギー庁の高級官僚たちは知るよしもなかったが、彼らにはこの年、「敗北」が約束されていた。東芝の西田厚聰社長は06年2月、英国ロンドンで晴れがましい調印式に臨んだ。英核燃料会社(BNFL)から米原発メーカーのウェスチングハウス(WH)を54億ドル(約6200億円)で買収する契約を調印するため、訪英したのである。このときの記者会見で西田は、「買収価格が高すぎるのではないか」という指摘を、「将来の原子力事業の成長性を考えれば妥当」と一蹴、鼻息はすこぶる荒かった。すべてはこれが始まりだった。調印式には原子力担当の執行役専務の庭野征夫も同席した。驕る西田に対して庭野の心境はさぞ複雑だっただろう。東芝の中でWH売却の動きを最も早くキャッチしたのは庭野だった。まだ岡村 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。