ネット動画パンクで従量制回帰

アマゾン・プライムやネットフリックス、DAZNで通信量急増。ウェブ広告も曲がり角。

2017年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ブロードバンド(広帯域)サービス契約者のダウンロードトラフィック(通信量)が激増、固定系の接続事業者(ISP)が「このままではネットワーク・インフラのコスト増に耐えきれない」と悲鳴を上げている。総務省の資料によると、2015年5月から16年5月までの1年間で日本の総トラフィックは、50.1%の増加を示した。過去10年間を見ると、毎年1割台から3割台の増加だったのが、統計が開示された直近2年間(14~16年)は、各年5割から6割へと増加率が上昇、この傾向は今後も続きそうだ。急増の主たる要因は、ネットの動画サービスの台頭にある。特にHulu(フールー)、ネットフリックス、アマゾン・プライムに代表される定額制で見放題の有料動画サービスのユーザーは、14年末の420万人から16年末は890万人と倍増している(ICT総研資料より)。

ISPは「もう限界」

中でも年間3900円の支払いで配送料が無料になるアマゾン・ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。