山口組「再分裂」ネタなし警察はガサ続ける

2017年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

指定暴力団六代目山口組から飛び出し、警察が「対立抗争状態」とみる指定暴力団神戸山口組が分裂した。離脱組は「任俠団体山口組」を結成し「六代目以下の悪政だった」と神戸を非難する。再分裂の背景には、金銭問題や人事などがあるようだが、三つの山口組周辺は全く予断を許さない状況となっている。警察関係者や山口組の周辺関係者によると、2015年8月の六代目山口組分裂で、神戸山口組の中心となった山健組(神戸市)で一部の幹部や構成員、傘下団体の組員らが行方をくらますなどして、再分裂が表面化したのは今年4月28日だった。神戸山口組は翌29日、2次団体組長に緊急招集をかけ、30日には臨時執行部会を開いたが、若頭代行で山健組の織田絆(よし)誠(のり)副組長や若頭補佐で真鍋組(兵庫県尼崎市)の池田幸治組長らは姿を見せなかった。織田副組長らは30日、尼崎市の古川組本部に集まり、任 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。