都議選ハチャメチャ「告発合戦」

自民党と気脈を通ずる猪木議員が小池都知事の右腕、野田都民ファースト代表に怒りの「告訴・告発状」。

2017年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

7月2日投開票の東京都議選は、マスコミ各社の世論調査で7割以上の支持を集める小池百合子知事の新党「都民ファーストの会」が大躍進、第1党に躍進する可能性が高い。対する都議会自民は現有57議席(定数127)を大幅に減らし、40議席を割り込みそうだ。さらに、自民党を追い詰めたのは、3月に開かれた豊洲市場移転問題を巡る百条委員会で、元副知事の浜渦武生氏(69)らが行った証言が、自民党を除く5会派から「偽証認定」されたこと。百条委員会の委員長を務める自民党都議の桜井浩之の「数にものを言わせた暴挙」と抵抗したが、逆に不信任決議案を突きつけられ、4月28日に解任されてしまった。浜渦氏は12年前に百条委員会で偽証認定され、副知事の座を追われたことがあるが、刑事告発だけは免れた。今回は5会派が結束しており、本会議で賛成過半数の議決を行えば、偽証罪で告発できる。

叩けばホコリが出る男

「刑事告発の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。