「不当解雇」裁判で逆転敗訴プルデンシャルの曲がり角

2017年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米プルデンシャル生命保険が、社員から不当解雇されたと訴えられていた裁判で、名古屋高裁が3月にプル生命側の全面敗訴を言い渡した。一審はプル生命側が勝訴していたため、逆転敗訴となった。国内生保が新契約高を落とす中、外資系生保は猛烈な営業で業績を伸ばしてきたが、社員を不当解雇するような企業体質では、先が危ぶまれる。そもそも「不当解雇」があったのは2012年のこと。訴訟を起こした社員は、旧AIGエジソン生命(現ジブラルタ生命)に入社し、2年間の固定給を保証された。生保の営業といえば、新入社員を大量採用し、親類縁者を根こそぎ保険に加入させ、使い捨てしてきた。こうした旧式の営業スタイルが立ち行かなくなってきたため、固定給制度を導入したのだ。その後、旧エジソン生命は、プル生命グループのジブラルタ生命に買収された。エジソンからプル生命グループに移籍した先の社員 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。