元財務官僚が発案!自民党「大宏池会HD」構想

2017年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

自民党内の派閥の再編に向けた動きが加速している。中でも注目を集めているのが「大宏池会」構想だ。旧宏池会の流れを汲む派閥の再結集を目指す動きで、仕掛け人は麻生太郎副総理兼財務相だ。具体的には、麻生派と岸田派、さらには谷垣禎一前幹事長を領袖とする政策グループが一緒になり、メガ派閥を形成しようというものだ。麻生派は最近になって勢力を急拡大している。昨年の参院選後に甘利明前経済再生相らを加入させた上、今国会終了後には山東派、さらに谷垣グループの一部とも合併することが決まった。これに加えて岸田派とも合流することになれば、所属議員は100人を超える。2000年の「加藤の乱」で分裂した名門派閥の華麗な復活となり、自民党は事実上、安倍晋三首相を輩出した細田派と大宏池会の2メガ派閥体制となる。「安定政権を維持するため、自民党内で2大政党制のような体制を作るのが狙 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。