福岡市長無情「中洲の屋台放逐」

浅薄なまちづくり発想で伝統ある屋台28軒を狙い撃ち。「文句あるなら生活保護受けろ」と。

2017年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

博多の夕まぐれ、天神から中洲にかけての目抜き通りの歩道に、次々に屋台が立ち並び、灯りが点る。2.5×3メートルの組立式大型屋台では、博多ラーメンから串揚げ、小割烹に至るまで店ごとに豊富なバリエーションを誇る。のれんをくぐれば狭いカウンターに常連客が肩を寄せ合い、譲り合って酒や食事を楽しむのが流儀だ。店主と客が一体となって、博多独特の温もりが醸し出される。だが3月31日、150店ほどの屋台のうち28軒が一斉に閉店に追い込まれた。福岡市が屋台営業の「名義貸し」店舗の営業許可をせず、追い出したからだ。「中堅の屋台を狙い撃ちにした、きわめて問題の多い行政処分だ」と憤るのは、閉店した屋台の営業者2人が福岡市を相手取って起こした訴訟の代理人、木佐茂男弁護士。もともと北海道大学と九州大学で行政法学と地方自治を研究。1980年代後半に西ドイツ在外研究で触れた、市民に開か ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。