「オンブズ出身判事」伊方原発を判断せず転勤

2017年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

全国の脱原発派市民に、ため息交じりの声が広がった。去就が注目されていた大分地裁の竹内浩史裁判長(54)が、4月1日付で大阪高裁判事に異動した。竹内氏が指揮する四国電力伊方原子力発電所(愛媛県伊方町)の運転差し止め訴訟については、かねて「差し止めは十分あり得る」との観測が流れていた。もとより裁判官の下す結論に予断の持ちようはないが、その異色の経歴が期待を抱かせ、落胆につながった。竹内氏は元弁護士。修習同期にはオウム事件の坂本堤弁護士もいた。主に市民や小規模事業者が依頼主の法律事務所に所属し、名古屋市民オンブズマンにも参加。愛知県議会のカラ出張追及など数々の成果を挙げた。判事任官は2003年。最高裁と日弁連の合意に基づき導入された推薦制度で選ばれた。オンブズマンあがりの裁判官はもちろん初めて。壮行会でこんな言葉を残している。「一種の天命。天命とは市 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。