元の親子関係に戻れない「成年後見制度」

2017年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

認知症を患っている親の財産を狙う悪党を追い払うため、やむなく使うことにした成年後見制度。月日が経ち、親が出歩けなくなり、悪党も近づくことができなくなったので利用を打ち切りたいが、可能だろうか。結論から言えば、日本の硬直した裁判所の制度において、答えは限りなく「NO」だ。兵庫県西宮市に住む84歳の女性は、1995年の阪神淡路大震災をきっかけに記憶があいまいになり、動作も鈍くなった。ローンを払い終えて間もない住居が壊れたことに衝撃を受けた。認知症の始まりだった。すると、女性の夫の知り合いだと言う男性グループが、女性に近づくようになった。しばらくして、女性は自分のお金を男性グループに渡すようになった。接近はさらにエスカレート。弁護士の資格を持つ男も加わって、女性が経営するアパートの権利を女性から譲り受けたなどと主張するようになった。女性の53歳と51歳に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。