歌麿「三部作」がワシントンに勢揃い

出版統制下で描いてみせた花柳界の群像。流転の傑作「雪月花」が140年ぶりに一堂に。

2017年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

江戸の浮世絵の巨匠、喜多川歌麿が描いた肉筆浮世絵の傑作といわれる「雪月花」の三部作が、およそ140年ぶりに米国ワシントンDCで「再会」、一堂にそろって公開されている。「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」と題する三部作は天明・寛政期から化政期にかけて、縦1・5~2m、横2・5~3m超の大画面に肉筆で描いた浮世絵で、当時の江戸を代表する遊郭など花柳界を舞台に、花魁や周囲の女性たちの華やかな群像が描かれている。三作は栃木の豪商「釜伊」の初代当主、善野伊兵衛の依頼で制作された。のちに欧米を席巻するジャポニスムの薫り高い大作で、内外の蒐集家が入手を競って流転してきた。明治12(1879)年栃木の成願寺で展示されたのち、三作は1900年パリ万博で日本美術の紹介者として知られた美術商、林忠正がフランスに持ち込んだ。このうち「品川の月」は1903年に米国の実業家、チャールズ・ラ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。