森永製菓も「日本アンチ・ドーピング機構」見限る

名門企業が日本アンチ・ドーピング機構のサプリ認証から離脱した。五輪目前なのに。

2017年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

スポーツサプリメントの認証問題で、また一つ、新しい動きがあった。本誌は4月号で、日本サッカー協会の幹部から「海外ではドーピング違反に問われる可能性がある」と暴露された話など、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の日本でしか通用しないガラパゴスぶりを詳報したが、そのJADAのホームページを見ていて「おやっ」と気づいた。「JADAサプリメント分析認証プログラム」の文字をクリックして中の記述を覗くと、JADA認証マークを使うサプリメーカーが一つ減っているのだ。「現在の認証商品一覧」の見出しの下にはこう書かれていた。「※2017年3月31日をもって、森永製菓株式会社は契約期間満了により認証を終了いたしました」物は言いようである。年度末に「契約期間満了」とは、いかにもきれいに聞こえるが、東京五輪を3年後に控えた、スポーツ界にとって大事なこの時期である。要は、17年3月期末 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。