旭化成「後ろめたい」本社移転先

よりによって「傾斜マンション」建替費で対立する三井不動産の日比谷豪華ビルへ里帰り。

2017年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

旭化成は本社移転のリリースを2月7日にさりげなく流した。現在の神田神保町から有楽町1丁目へ来年前半に移転するという。移転先は、三信ビルや旧三井銀行本店のあった一帯を再開発中の「新日比谷プロジェクト」(2018年1月竣工予定)で、旭化成も1950年から08年まで本社を置いていた地に10年ぶりに“里帰り”するわけだ。すでに皇居前広場からも一際目立つ地上35階、地下4階の超高層ビルが威容を現し、隣の東京宝塚劇場や日生劇場を睥睨、帝国ホテルも小さく見える。11スクリーンのシネコンも入る予定だから、日比谷映画街のど真ん中に晴れて帰還するのに、リリースはなんだか後ろめたそうに「今般、再開発事業完了の目処が立ち、今後の本社のあり方等、長期的な展望を検討した結果、再び本社を置くことといたしました」と書いてある。それも道理、新日比谷プロジェクトは三井不動産の目玉事業だからだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。