二階を怒らせた「密告」番記者

2017年6月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

「ヒョウタンツギ」をご存じか。手塚治虫が妹の落書きから生んだ、常にガスを噴くツギハギのキノコという謎のキャラクター。自民党幹事長、二階俊博が口を尖らせた顔に似ている。そのヒョウタンツギが怒った。「政治家の話をマスコミが余すところなく記録をとって、1行悪いところがあったら『すぐ首を取れ』と。何ちゅうことか」。二階派の復興相、今村雅弘が4月25日、東日本大震災を「東北でよかった」と失言、即辞任に追い込まれたからだ。これを大上段のマスコミ批判と見るのはお門違いだ。会場では誰も気づかず、1時間足らず後で挨拶に来た安倍晋三首相が、いきなり詫びて大騒ぎ。会場にいた番記者がスマホで官邸に告げ口し、菅義偉官房長官が首相に即刻更迭を進言したから、と二階は猜疑したのだろう。昔から番記者は政治家の目と耳になるスパイだが、「そんな人は初めから排除して入れないように ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。