本誌独占! 籠池氏が激白「首相、嘘はいけない」

「100万円寄付」は本当。大阪府も財務省も弁護士も掌返し。真正保守の教育現場から離れない。陽はまた昇ると信じている。

2017年5月号 DEEP [国策捜査の「人身御供」]

  • はてなブックマークに追加

森友学園の事件化に向けて、大阪地検特捜部の捜査が異例のスピードで始まっている。3月末、補助金適正化法違反での告発を受理して捜査着手宣言し、4月6日までに学園が国交省から2千万円を不当取得していることを突き止め、詐欺容疑で家宅捜索する方針を固めた。事件発覚は、2月9日、『朝日新聞』が国有地の8億円もの値引き払い下げ問題を報じてからである。当初、「教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている」と、森友学園・籠池泰典理事長のことを褒めていた安倍晋三首相だが、24日には、「しつこい人」と、籠池氏を忌避する感情を露骨に表し、同時に昭恵夫人は、「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長職を辞した。

「ワルは籠池」を立証する捜査方針

この時点では、官邸は籠池氏を囲い込んでいた。23日、「10日間だけ身を隠して欲しい」という財務省官僚からの弁護士を通じた申し入れを受け、それに従ってホテルを転々。籠池氏は、3月9日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。