「連合の古だぬき」高木が神津会長降ろし

2017年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「来年の今ごろ、神津氏はもう連合会長でないかもしれない」政府が進める働き方改革を巡って、繁忙月の例外として認める残業を「100時間未満」とする安倍晋三首相の裁定が降りた3月13日。首相官邸で安倍首相、経団連の榊原定征会長と向き合った神津里季生会長(61)は終始厳しい表情だったが、会談を終えて記者団に囲まれると、一瞬の笑みを浮かべた。神津氏の側近は「あの笑みが政権に完全に取り込まれた印象を与えてしまった」と悔やみ、今秋の会長人事への危機感を漏らした。 神津氏が古賀伸明氏(65)の後任として連合の7代目会長に就任したのは15年10月。歴代の連合会長は2期4年務めるのが慣例のため、1期目の満了となる今秋の会長人事は本来無風のはずだった。ところが最近、神津氏の周辺から2期続投を不安視する声が出始めた。かねて風評があった逢見直人事務局長(63)への禅譲説だ。ある連合関 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。