日弁連で「委任状改竄」騒動

臨時総会での「事務ミス」から、主流派の委任状支配が露見した。無力感の蔓延で弁護士自治は危機に。

2017年5月号 DEEP [弁護士自治終わりの始まり]

  • はてなブックマークに追加

元の委任状のコピー書き換えられた委任状。受任者は伊藤茂昭前東京弁護士会会長の名前に書き直されている(写真提供・北周士弁護士)「委任状の受任者欄の名前を勝手に書き換えられた。法律家団体でこんな不正が行われるとはありえん」3月3日、東京・霞が関の弁護士会館で日本弁護士連合会(日弁連)の臨時総会が始まって6分後の12時36分、ツイッターにこんな投稿が流れた。投稿の主は坂本正幸弁護士(東京弁護士会)で、続けざまに「自分は議案に反対なのに、書き換え後の名前は弁護士会前会長。賛成するに決まっているだろう」と暴露。ネット上の「法律クラスタ」(法律家などのコミュニティ)がざわめき始めた。12時53分、「私は了解していません。つまり、変造です」と中川素充(もとみつ)弁護士(同)が声を上げた。続いて中川弁護士は画像をアップ(写真参照)。受任者の北周士(かねひと)弁護 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。