シリア爆撃にクシュナーの影

内政で追い詰められ「起死回生」の戦争。ホワイトハウスでは、グローバリストがナショナリストを封じ込めた。

2017年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

勝者クシュナーと敗者バノンPhoto:AFP=Jiji米軍爆撃後のシリアのシャイラト空軍基地(米国防総省提供)内憂を外患に転ず――ドナルド・トランプ米大統領は就任77日目で“戦争”を始めた。入国制限令やオバマケア代替法案など内政で失敗続き、ロシアとの癒着疑惑で支持率が就任早々最低水準の35%と低迷する「内憂」を一気に挽回するには、「外患」を理由に開戦に踏み切るしかないのでは、とのワシントン政界の懸念が的中した。地中海の駆逐艦から巡航ミサイル59発を発射し、シリア中部のシャイラト空軍基地を爆撃、滑走路やロシア製戦闘機、管制施設などを破壊したのは、大統領別荘で米中首脳が会食した4月6日夜。その2日前の早朝、シリア北西部の反政府派支配地域イドリブで、サリンと米国が断定した化学兵器を政府軍が使用したため、子供を含む住民80人以上が死亡、数百人が手当てを受けた惨事に、「最後 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。