改憲トルコが夢を断つ「EU加盟」

53年間も待たされた挙げ句、クーデター未遂で強権化。欧州も極右台頭で修復不能に。

2017年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

トルコと欧州共同体(EU)の関係に「審判の時」が近づいている。長い間の両者の関係は、トルコが条件を満たしさえすれば、いつの日かEUに新加盟国として迎えられるという前提の下に続いてきたが、ここ数年の環境変化でさまざまな想定がひっくり返ってしまった。欧州側では各国で極右政党が台頭し、金融危機後に長く続いた経済の低迷で政治環境が大きく変わった。EUの拡大政策は人気を失い、トルコのEU加盟は有害とさえ見られている。英国のEU離脱か残留かを問う昨年6月の国民投票では、離脱派はEUに残留すれば「トルコ人の移民が今にも大挙して押し寄せてくる」とのキャンペーンで有権者の恐怖を煽った。トルコの国内事情も次第にEUとの統合を進めることを難しくしている。2013年にゲジ公園で始まった反政府運動をきっかけに、昨年7月のレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の打倒を図った大規模な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。