獣医学部新設「安倍トモ」の算段

「第二の森友学園」といわれる学部新設でざわつく獣医業界。獣医を増やして大丈夫なのか。

2017年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

学校法人「加計学園」(加計孝太郎理事長)グループの岡山理科大学が来年4月、愛媛県今治市に獣医学部を新設することになり、にわかに獣医業界に注目が集まっている。獣医学部の新設は京都産業大学なども希望したが、安倍晋三首相が議長を務める国家戦略特区諮問会議は今年1月20日、加計学園を実施主体とする獣医学部新設を決めた。獣医学部の新設は1966年以来、実に52年ぶり。加計氏は安倍首相の「腹心の友」のゴルフ仲間。首相の「お友だち」の学園に、今治市は36億7500万円の建設用地をタダで譲渡し、県とともに最大96億円の補助金を出すことを決めた。財務省と大阪府の「忖度」疑惑が取り沙汰される森友学園との対比から「第二の森友学園」と呼ばれている。かつて国は加計学園の獣医学部新設を決して認めなかった。今治市と愛媛県は2007年から14年にかけて15回も構造改革特区での獣医学部設置を申請 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。