病める世相の心療内科④飢えを知らない「ゲーム少年」

2017年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

公立病院を停年で辞め、3年前に都心から30分ほどのJR駅近くに心療医院を開いた。街中のクリニックは気安いからか、元いた病院より驚くほど雑多な悩みを抱えた人々がやって来る。無論子どもたちも――。多くは学校に行かない引きこもりの子どもたちだ。中学1年生になったばかりの彼は、母親より大きな太った身体を持て余しているように見えた。祖母と母親が付き添ってきたが、熱があるわけでもないのに、母親の膝に頭をのせ、待合室の長椅子に寝そべって、しきりにゲームをやっていた。中学校に入った途端に不登校になった。いじめに遭ったわけではなさそうだ。学校に行かない理由は、教師が気に入らないからだという。父親がクラス替えを求めたが、学校が受けてくれず、要求を通すために診断書を書いてくれと頼まれた。彼は、祖母とその娘である母親に溺愛され、遠くに赴任して滅多に帰らない父親との間に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。