小泉世代が問う「こども保険」

若手議員の「お勉強」で幕引きか、と思いきや、骨太方針でひょうたんから駒が出そうな勢い。

2017年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

4月5日夕の自民党本部。教育財源確保プロジェクトチームで「こども保険」構想をプレゼンした小泉進次郎(36、衆院神奈川11区、当選3回)は、終了後も記者団にこう持論をぶった。「教育は未来への投資だから国債を出せばいい、と言うなら農業国債だって出してほしい。そもそも誰でもタダで大学に進める社会がいいとは思わない」首相・安倍晋三のお友達で文教族の幹部でもある党幹事長代行・下村博文らが旗を振る「教育国債」をバッサリ切り捨てた。この直前の首相官邸。小泉と村井英樹(36、衆院埼玉1区、当選2回)、小林史明(34、衆院広島7区、同)の30代トリオがこども保険の創設を直談判すると、官房長官の菅義偉は「しっかり受け止める」と応じた。副総理・財務相の麻生太郎も記者会見で「教育国債なんて赤字国債とどう違うのか。こども保険の方がよほど建設的だ」と前向き評価。若手議員の「お勉強 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。