怪しい夕張「第2のニセコ」計画

「財政破綻の町」で中国人がリゾート施設を買収。100億投資すると言うが眉唾モノか。

2017年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

市役所に近い目抜き通りなのに、屋根や壁に穴が空いた倒壊寸前の廃屋が目立つ。商店街では開いている店を探す方が難しい。その荒廃は、大都市に住む人々の想像を大きく超える。北海道夕張市。2007年に353億円もの債務を抱えて財政破綻し、国の管理下で再建を進める全国唯一の自治体だ。かつて北海道を代表する炭鉱町として栄えた同市は、日本の主力エネルギーが石炭から石油に転換するとともに基幹産業の没落に見舞われた。さらに、80~90年代に「炭鉱から観光へ」を合言葉に邁進したリゾート開発の大失敗が市の斜陽に拍車をかけた。ピークの60年に11万7千人を数えた人口は、今や13分の1以下の8600人。若い世代の流出で、総人口に占める65歳以上の比率(高齢化率)は16年に48.9%に達している。

実績は「放置して転売」

今年1月30日、そんな夕張をニセコのような国際リゾートに変身させるという大胆な計画が急浮上した。仕掛 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。