早くもガス欠「ガス小売り自由化」

ガス会社から新規事業者への切り替えはわずか0・35%。市場活性化は絵に描いた餅だ。

2017年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

都市ガスの小売りが4月1日に全面自由化され、家庭でも都市ガスを買う会社を自由に選べるようになった。1年前の電力自由化に続き、ガス事業の地域独占体制が崩れる全面自由化時代の幕開けである。しかし、経済産業省が熱心に旗を振っている割に、ガス自由化の盛り上がりは今一つ。電気とガスのセット割引のPR合戦が関西などで始まったが、掛け声倒れが懸念されている。「電力、ガスといったエネルギーの一体的市場が創出されることになる。低廉かつ創造性あふれる多様なサービスの提供を期待する」――。ガス自由化前日の3月31日、世耕弘成経済産業相はこう強調した。ただ、一方で、「新規参入業者が保安体制を整えるのに時間がかかる。自らLNG(液化天然ガス)を調達しなければならないという制約もある。導管網のさらなる拡充やガス調達環境の改善に取り組み、市場競争の活性化を進めたい」とも語った。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。