トヨタ標的に「輸出戻し税」撤廃

新経済対話は見せ玉で、トランプの狙いはやはり日本車。防御陣は三段構えだが、「囚人のジレンマ」に陥るか。

2017年5月号 BUSINESS [トランプ通商交渉術]

  • はてなブックマークに追加

トランプの咆哮にはもう慣れっこだが、笑顔でおためごかしを口にしたときは怖い。用心すべきシグナルと言える。2月10日に行われた日米首脳会談の席上、安倍晋三首相と経済対話の立ち上げに同意、日本側提案で双方とも「副」のつく麻生太郎・副総理兼財務相とマイク・ペンス副大統領に任せることになった。同席していたペンスにドナルド・トランプ大統領が、しっかりやれよとばかりに「(相手は)タフネゴシエーターだぞ」と肩を叩くと、麻生は破顔した。内心、しめたと思ったのだろう。強烈な保護主義志向で輸入制限も辞さないピーター・ナヴァロ国家通商会議議長やスティーブ・バノン首席戦略官らより、実直そうなペンスは与しやすい。安倍の名代として対話を仕切れば、トランプがTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)離脱を宣言した後も、日米摩擦を未然に防ぐ主役になれる……。

主筋はライトハイザーUSTR

米通商代表部の代表に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。