小池知事に「都心低空飛行」撤回の住民訴え

2017年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

国土交通省が計画している羽田空港の国際線増便に伴う、都心飛行ルート変更問題で、新飛行ルート直下となる14の特別区で、騒音や落下物などに対する住民の不安が高まり、10区で計画撤回を求める住民運動が起きている。3月に入り、都議会にむけ住民団体が全都的に請願署名運動を進めているほか、2月には、知事に「計画撤回」の立場に立つよう要請行動も行った。さらに本会議場で知事の見解をただす質問もあり、7月の都議選を控えて、都議会で論議を呼びそうである。知事への要請行動には、8区の住民団体の連絡組織「東京連絡会」の呼びかけで、約50人が参加。都政策企画局の大野貴史秘書課長に要請書を手渡した。国交省は東京五輪の増客対策として「羽田増便」が不可欠であり、これまでの「海から入り、海へ出る」飛行ルートを変更して、都心上空を低空で飛ぶ新ルートを14年7月に発表した。要請書は、こ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。