「日本豪華巡幸」サウジ国王の苦境

原油安で経済はデフレ、イエメンやシリアで天敵イランに劣勢。米国とも同盟関係は微妙。

2017年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

3月12~15日、サウジアラビアのサルマン第七代国王が日本を訪問した。約1カ月にわたるアジア6カ国歴訪の一環で、1千人を超す大随行団を約10機の旅客機に分乗させて来日。安倍晋三首相との会談では、サウジの石油依存脱却のため幅広い経済協力を進める「ビジョン2030」推進で一致、経済特区を設けてトヨタやJX、3メガバンクなどが協力することになった。サルマン国王が即位したのは15年1月。実質的に約20年ぶりの政権交代を機に、中東最大の経済・軍事規模を誇るサウジが、地域で強力なリーダーシップを発揮する時代が来るかに見えた。ところが、2年も経たないうちに王国は過去10年で初のデフレに陥った。1バレル30ドルを一時割った原油安に耐えられず、経済は苦境に立たされた。対外戦略でも、隣国イエメンといい、戦場と化したシリアといい、行き詰まりが目立つ。同盟国米国とも、親イスラエルのトラン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。