インバウンド「宴の後」の二階vs菅サヤ当て

2017年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍政権を支える二本柱、二階俊博幹事長と菅義偉官房長官の「戦略的互恵」――つまり、「表でさすって裏でド突きあい」の関係が微妙になっている。3月5日、自民党は定期党大会で総裁公選規程を改正、総裁任期を連続3期9年に延長した。すかさず二階は「安倍さんの次は安倍さん」と来年の党大会での支持を打ち出した。が、その2日前は金沢にいた。党大会前にトンボ返りとは78歳幹事長も大変だが、出席したのは自らが会長を務める全国旅行業協会のフォーラム「国内観光活性化フォーラムinいしかわ」。窮屈な日程でも金沢入りしたのは、協会石川支部の50周年記念ばかりではない。自身の肝いりで国土交通省につくらせた観光庁に、地方の旅館業者などが不満を募らせているからだ。「観光庁の自慢は訪日外国人観光客のインバウンド消費ばかり。一昨年7~9月期の四半期1兆円で金額は頭打ち、人数は増えても一人当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。