金正男「暗殺教本」のトリガー

血族には手を出さない「宮廷の掟」はなぜ破られたか。監視カメラが捉えた「計画はプロだが実行はアマ」の謎。

2017年4月号 GLOBAL [ 白昼の空港で「処断」]

  • はてなブックマークに追加

2月12日の日曜早朝、 北朝鮮は新型中距離弾道ミサイル(IRBM)の「北極星2号」を発射した。米国の新政権誕生と韓国の大統領弾劾の行方をにらみ「静中動」の構えだった金正恩党委員長は、ドナルド・トランプ大統領とのハンバーグ会食を断念したかのように挑発に打って出た。正恩の「衝撃波」はそれで終わりではなかった。ミサイル発射への対応を協議し始めた国連安保理や、それを報じるマスコミを嘲笑うかのように、翌13日、マレーシア空港で異母兄、金正男を暗殺した。世界のメディアは「マレーシア事件」で持ちきりとなり、「北極星2号」は消し飛んだ。多くの北朝鮮ウォッチャーは、二つの事件が連続して起きたことから、金正恩が2月16日の「金王朝二代目」金正日の誕生日にあわせた「企画」ではないかと推測する。だが、時期が重なっただけで、直接的な関連性は低いと思う。正恩にとって、二つは政治 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。