素人も手軽に「サイバー身代金」犯罪

パソコン乗っ取りの恐喝被害が急増。誰でも「ダークウェブ」なら悪魔のツールが手に入る。

2017年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

データを消されたくなかったらビットコインを払え――。企業や個人のパソコンを乗っ取り、データをロックや暗号化して身代金を要求する「ランサムウェア」(身代金型マルウェア)の被害が急増している。身代金の支払いを拒めば乗っ取られたデータは戻らないため、大事なデータを取り返そうと泣く泣く要求に応じてしまうケースも少なくない。セキュリティ大手トレンドマイクロのレポートによると、2016年の国内のランサムウェア検知台数は6万5400台と前年比で9.8倍、報告された被害件数だけでも2810件と前年の3.5倍に上る。全世界における感染経路の8割はメール経由で、日本では不特定多数に送りつけるバラマキ型が主流だが、一部には標的型もみられるという。また、MS&AD基礎研究所が行った国内のアンケート調査では、ランサムウェアに感染したことのある被害者のうち15.4%が身代金の支払いに応じたと回 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。