伊藤忠流人材戦略 企業価値向上へ「健康力」

目指すは社員一人当たりの生産性アップ。「朝型勤務」の伊藤忠商事が働き方改革と両輪で、健康力増強に先進的取り組み。

2017年4月号 INFORMATION

  • はてなブックマークに追加

昨年度の純利益が同業トップとなり、目下史上最高益を目指して波に乗る伊藤忠商事。岡藤正広社長の伸びやかな舵取りで成果を出している同社は、休暇の取得促進強化や「飲み会は1次会のみ10時まで」とする「1(_)運動」など、働き方改革の面でも注目を集める。中でもすでにお馴染みとなったのが朝型勤務制度だ。夜10時から朝5時までの深夜勤務は「禁止」。夜8時から10時までも「原則禁止」。逆に早朝5時から8時までは深夜勤務と同様の割り増し賃金を支給し、軽食も無料配布する。2013年10月から導入された「朝型勤務」は今やすっかり定着し、導入3年後の時点で夜10時以降の退社はほぼゼロに。逆に、朝8時以前の出社は約半数に増えた。しかも、その分の残業手当や朝食代を差し引きしても、マイナス6%のコスト削減。加えて電気使用量やタクシー代などもかなりの削減となっている。

社員の健康こそ社会の「幸福の礎」

同社の社員は「早朝 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。