市場を快走 新型「セレナ」

自動運転「レベル2」の技術を世界で初めて普及価格帯のミニバンに投入。知能化技術を広める狙いが的中した快挙。

2017年4月号 INFORMATION

  • はてなブックマークに追加

「プロパイロット」搭載の新型セレナ2月1日、日経優秀製品・サービス賞の授賞式で挨拶した西川廣人次期社長安倍首相は2月の未来投資会議の挨拶で、2020年までに無人での自動運転の事業化を実現するため、制度やインフラの整備をするよう関係閣僚に指示した。少し前まで夢のような話だったクルマの自動運転が、急速に現実のものとなりつつある。無人化までにはまだ法律などいくつものハードルがあるが、昨年、自動運転技術時代の到来を一般のドライバーにも強く感じさせたのが、日産自動車が8月に発売した新型「セレナ」だ。自動運転技術は完全無人運転の「レベル4」まで4段階(米国での最新の区分では5段階)のレベルに分けられる。現在実用化しているのはレベル2まで。セレナはこのレベル2にあたる、高速道路で同一車線を自動走行する支援技術「プロパイロット」を、普及価格帯で初めて搭載した。レベ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。